ハグミー(Hug me)ナイトブラ 洗濯

流れてしまったお肉をバストに集めて形状記憶させることで胸のカタチを整えてくれるハグミー(Hug me)ナイトブラ。

またツボ押し効果も仕込まれていて、バストアップに貢献してくれる嬉しい仕組みです。

そんなハグミー(Hug me)ナイトブラですが、洗濯方法や干し方によっては歪んでしまったり伸びてしまったりして、せっかくの効果が薄れてしまうことがあるんです!

ハグミー(Hug me)ナイトブラを長く愛用するために、洗濯する際に気を付けておきたいポイントをおさえましょう!

ハグミー(Hug me)ナイトブラを洗濯機で洗う場合

ハグミー(Hug me)ナイトブラは洗濯機で洗えます。

公式サイトでも、洗濯機で洗っても大丈夫と明記されています。

ただし、洗濯する際には必ず「洗濯ネット」を使用しましょう!

それもなるべく、ブラ専用の小さい洗濯ネットを使うことが望ましいでしょう。

ハグミー(Hug me)ナイトブラを両サイドのカップの真ん中でおりたたみ、洗濯ネットに入れましょう。

こうすることでハグミー(Hug me)ナイトブラの型崩れを防ぐことができます。

普通サイズの洗濯ネットを使用する場合、他のものを一緒に入れるのは控えてハグミー(Hug me)ナイトブラだけ入れてください。

同じネットに複数の衣類を入れると、ネットの中でハグミー(Hug me)ナイトブラと他の衣類が絡まってしまうからです。

洗濯ネットは、洗濯もの同士の摩擦を防いだり、絡まってしまうのを防いでくれます。

とくにブラ紐の部分は絡まりやすく、衣類同士が絡まったまま洗濯を続けると紐が伸びてしまいハグミー(Hug me)ナイトブラがダメになってしまいます。

洗濯機を使う際は、必ず洗濯ネットに入れましょう!

ハグミー(Hug me)ナイトブラを手洗いする場合

下着はいつも手洗いしているという女性も少なくないと思います。

洗濯機よりも手洗いの方が衣類に負担がかからないので、余裕のある方はハグミー(Hug me)ナイトブラも手洗いで洗濯してみてください。

手洗いする際は、ゴシゴシこすらなくてOKです。

ブラの汚れは汗や皮脂汚れなので、ぬるま湯の中でゆっくり揺らしながら汚れを浮かすようにして洗濯するのがコツです。

手洗いで難しいのは脱水ですが、ぞうきん搾りは型崩れの原因になりますので避けましょう!

軽く水気をしぼったら、柔らかいタオルに包みポンポンと水分をタオルに吸わせます。

あとは他の洗濯ものと同様に干すだけです。

ハグミー(Hug me)ナイトブラを干す際の注意点

洗濯が完了したらあとは干すだけですが、ここでも型崩れを防ぐ工夫をしましょう。

なるべく重力がかからない方法で干すのが理想的です。

洗濯バサミを使う場合は、肩紐ではなく両方のカップの上あたりを留めて、ハグミー(Hug me)ナイトブラが伸びてしまわないようにしてください。

100均でも売られているような型崩れを防ぐ洗濯干しネットを使ってもいいですね。

また、干すときは直射日光を避けて風通しの良いところで干しましょう!

まとめ

たとえばハグミー(Hug me)ナイトブラを3枚ローテーションして毎日着た場合、だいたい1年は使い続けられると思います。

でも、洗濯や干し方が雑だったら、もっと早く寿命が来てしまうことも・・・。

ハグミー(Hug me)ナイトブラの洗濯は決して難しいことではないので気構える必要は無いのですが、伸びたり歪んだりしないようにだけ気を付けて洗濯してくださいね

>>ハグミー(Hug me)ナイトブラの詳しい情報は公式サイトで確認